法政大学 自然科学センター
HOME >> サイエンスセンター[実験授業]
実験授業

自然科学センターがサポートする実験授業環境

サイエンスルーム 2001年4月、ボアソナードタワーの8〜10階に新設された3つのサイエンスルーム(物理、生物、化学)では、文科系の学生のための自然科学系実験授業が行なわれています。

近年学生の間で、自然科学系実験授業の人気が高まりつつあります。2006年度以降は、年間3,000~3,600人の受講生が実験授業を受けるようになりました。

これだけの人数の受講生を受け入れるためには、非常勤の教員・TAを手配し授業の密度を落とさない努力が必要です。更に、快適な実験授業環境を作るため、継続的な施設・機材の維持・管理も行う必要が有ります。現在、自然科学センターの教員が手分けして、これらのメンテナンスを行っています。


3つのサイエンス・ルーム

■物理(0800教室)
サイエンスルームサイエンスルーム
■生物(0900教室)
サイエンスルームサイエンスルーム
■化学(1000教室)
サイエンスルームサイエンスルーム
法政大学 自然科学センター