法政大学 自然科学センター












学生スタッフ

「未来をひらくエネルギー」2010年11月20日(講義)

かえつ有明中学2年生約180名を対象に、講義が行われました。

センター長の小池教授による講義は、電力会社発行の「電気使用量のおしらせ」を使って、一人当たりのエネルギー使用量を計算し、 身の回りのエネルギーの利用を考えてみました。 エネルギーの利用の方法として、世界各国の映像を見ながら、公共の交通機関の利用形態が紹介されました。

エネルギーについて興味深い講義を行った
小池教授

小池教授の講義を熱心に聞く
かえつ有明中の2年生たち

<< Back
法政大学 自然科学センター